MashupAwards2018函館予選に参加しました

久しぶりにハッカソンに参加した.

いつものはこくらチームで組んで参加しようと考えていたが,とある事件でバラバラになった.

それがコチラ.

アイデアソンでこのアイデアを目にして,これをやりたいと俺が思ってしまった.今まで真面目なプロダクトしか作ってこなかったので,たまにはふざけたプロダクトを作りたい.そうして”はこくら”はバラバラになった.

この『脱糞旅行』(後に脱糞道五十三次に改名)は,トイレに居る時間を移動時間とみたててどこまで移動できるかを可視化する.

IoTとしてデバイスを作り,駅すぱーとAPIを使って移動時間を距離に換算する.さらにIBMのWatsonを使って便の写真から健康状態を取得しユーザに伝えることができればAIの要素も含められる.このハッカソンにピッタリのアイデアだと思った.

開発した.そしてクソが出来た.

RaspberryPiと照度センサーを使ってトイレの照明が点灯した時間,即ちトイレの使用時間を計測し,NodeREDに送信.NodeREDはトイレ時間をIBM Cloudantに保存する.

このサイトでトイレ時間を取りに行き,取得した時間を駅すぱーとAPIで距離に換算し,行けるところにピンを立てる.

結果,駅すぱーと賞を頂くことができた.

ハーゲンダッツの商品券を頂きました.本当にありがとうございます.そして下品で本当にすみませんでした.

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください