sanzai-viewerをリリースしました

久しぶりに何か作ってみた.

 

この度,私Isaacは『sanzai-viewer』をリリースした.

https://i544c.me/sanzai-viewer/

 

そもそもsanzai-viewerとは

GitHub上にホスティングされた,散財状況が書かれたCSVファイルをパースし,グラフで分かりやすく表示するウェブアプリ.

使い方はとっても簡単.リポジトリ名を入れて(例: “i544c/sanzai”),エンターを押すだけ.そうするとGitHubのAPIを叩いてCSV探して取ってきてパースし,グラフをChart.jsで描画する.

 

作ったきっかけ

ヲタク仲間のてまー君が,東京に旅行に行く際,自身の出費をCSV形式でGitHubに上げていた.自分のプライベートであるはずの散財状況を世界に公開する,というこの行為が私にとってとても面白く感じた.ただCSVのままだと分かりにくいので,グラフ化するWebアプリがあったら便利かな,と思い,この度作成した.

 

今後

自分も継続的にi544c/sanzaiに散財状況を上げていく.

そしてこのsanzai-viewerの機能をもっと上げていきたい.例えば,複数のCSVがある時に選択できるようにしたり,グラフを増やしたい.

 

皆様のIssue, Pull Requestをお待ちしております.

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください