ネットの契約を見直した話

ちゃんと調べてから契約しよう,って話.

 

丁度一年前,今のアパートに引っ越した.jog光なる光コラボに契約すればネットに繋がる!とのことだったので,特に何も考えず契約した.これが間違いだった...

自分は今までそんなにネット環境に困らずに生きてきた.実家は一軒家の光回線で激速だったし,大学に入学して入った下宿のネット環境もそれなりだった(dアニメは混雑時は途切れがちだったわ).

 

一人暮らしを始めたこの1年間は良くなかった.部屋まではVDSLで通っていて,速くても100Mbps,21時から24時くらいまでの混み合う時間には200kbpsにまで落ちる.24時を過ぎれば他の部屋の住民が床につくからか多少速くなるので,作業する時間帯は深夜にずれ込んでいった.

かと言って契約を見直してもどうにもならないだろうという思いがあり,1年間何もしなかった.

 

 

なんとかなるかもしれない

かつて一緒の下宿に住んでいたてまー君から,『DMM光』なる光コラボで圧倒的人権を得ている話を聞いた.その理由の一つがIPv4 over IPv6である.なるほど~~と思って調べてみると,現状のjog光の契約でも無料で「IPv6オプション」が付いていた.

もしかしてイケるのでは,と思ってIPv6 IPoE対応のWi-Fiルータを買って設定した.しかしIPv4 over IPv6どころかIPv6すら繋がらない.jog光に問い合わせると,

回線はIPv6に対応している,プロバイダはIPv6に対応していない

とのことだった.えぇ…そんなの知る由もないわ…

 

 

そしてまた過ちを犯す

IPv6に対応しているプロバイダならええやろ,と思って最近IPv6対応したASAHIネットのプロバイダだけ契約してみた.4日後,契約書類が郵送で届いたので早速設定した.しかしIPv6で繋がらない.問い合わせると,IPv6は順次対応するとのこと.書いてないやん,すぐ使えるかと思ってた…

ついでにIPv4 over IPv6使えるか訊いてみた.

法人向けにはあるが個人向けには無い

えぇ…この発表は法人だけってか…

 

 

やっぱりDMM光か

そんなわけでDMM光を契約することとした.DMM光にしたのは,他のv6プラス対応コラボと比べて安いから.

申込みから1週間くらいして電話が来て,工事の日取りを決めた.そして工事が行われた...工事と言っても,ONU設置するくらいだが.

 

問題発生

一時的にJOG光とDMM光を共存させて,ネット接続が途切れないようにしてDMM光に移行する予定だった...

そもそもこのアパートでは回線2本を引けないらしい.で,次にNTTの人が来る前にJOG光を解約して回線を完全に停止する必要が出てきた.まぁ1日くらい止まるなら別に良いかと思って,解約した.

1週間後,またNTTの人が来て,ONUを設置していった.これでやっと素晴らしいネットが享受できる.そう思っていた.

 

v6プラスに接続できなかった.DMM光に連絡して一時的にPPPoEのアカウントを貰って,それで接続しようとしたが,それすらできなかった.

 

もうどうすれと...

 

半日電話で対応してもらった結果,ONU故障の可能性があるとのことで,近日中にまたまたNTTの人に来てもらうことになった.これで解決すれば良いが...

それまでの間は,ハッカソンの賞品であるテザリング端末(Androidタブレット)でネットに接続する...

 

ローカルのコンテンツって,なんて偉大なんだろうって思うね.ライブのBDとか,iTunes内の音楽とか,素晴らしいコンテンツを再発掘することになったよ.ローカルの通信ってめっちゃ早いぢゃん...

最近はdアニメとかAmazon VideoとかSpotifyとかに課金して観たり聴いたりしてるんだけど,当然ながら高速なネットありきじゃん?私達はストリーミング再生に慣れすぎたんだと思うよ...

 

また何か進展か後退があったら書く.

 

 

6月8日追記

遂にv6サービスに繋がった!!

NTTのお兄さんが来て,ONUを交換してくれていった.ついでにマンション内のネットワーク上流の機器が古かったらしいので新しくしてくれた.

そうすると繋がるようになった.

Screenshot-2018-6-9 ネット 速度 - Google 検索.png

はやーい.

いうてプロバイダにASAHIネットを使っていた時と変わらないような気がするが...

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください