VagrantでWindows上に開発環境を作る

私は大学ではMacBookProを、家ではWindowsPC上の仮想環境(ArchLinux)を使って、日々色々と勉強したり開発をしています。
仮想環境は飛ばしてなんぼ(要出典)なので、よく環境構築に時間を費やしてしまいます。一から作り直すとなると楽しいですが時間がかかります。

そこでこの度、Vagrantを使って環境構築をあっという間に済ませるようにしたので、その手順をここに示します。


環境は以下の通りです。

OS Windows10 Pro (Ver.1073)
VirtualBox v5.1.26
Vagrant v1.9.7
VagrantBox archlinux/archlinux(v2017.07.01)

 

VirtualBoxとVagrantをインストールする

VirtualBoxはコチラ👉 https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
Vagrantはコチラ👉 https://www.vagrantup.com/downloads.html

※VagrantBoxの保存先を変えておく

ここは任意です。当方のSSDは残量が残り少ないので、VagrantBoxの保存先をデフォルトのCドライブからHDD3TBのDドライブに変えておきます。
と言っても、環境変数を変えて元のファイルをコピーして再起動するだけです。

元のディレクトリは C:\Users\ユーザー名.vagrant.d なので、私は D:\Documents.vagrant.d にコピーしました。再起動して準備完了。

 

Vagrantfileとbootstrapを作る

GitHubに上げたので、cloneして使ってください。
https://github.com/i544c/init-archlinux

 

構築する

Vagrantfileのあるディレクトリに移動します。
vagrant up でVagrantfileを読み込み、VagrantBoxの取得から、bootstrapの実行まで行います。 vagrant reload で再起動させるとGUI環境が立ち上がり、早速開発できる状態になります。

 

デスクトップ上にショートカットを置く

一々Vagrant upを唱えたり、VirtualBoxを起動してVMの一覧から起動させなくても良いように、私はデスクトップ上にショートカットを設置しています。

VirtualBoxのVM一覧から今回作成したVMを右クリックして、「デスクトップにショートカットを作成」をクリックすることで出来ます。

作成されたショートカットのプロパティを開いて、リンク先の末尾に「–seamless」とオプションを付与することで、シームレスモードで起動するので超オススメです。

 

まとめ

これで一々最新のisoを落として、インストールして、環境構築して…という手間が省けます。
折角Windows10 Proを使っているんだし、次はHyper-VとVagrantにしようかな。

“VagrantでWindows上に開発環境を作る” への2件の返信

    1. VagrantのProviderにVirtualBoxを選択したのは、今までWindowsでの仮想環境の管理にはVirtualBoxを使ってきたっていうのもありますし…
      むしろWindows10Proを使うならDockerよりHyper-Vかなって思ってます😑

コメントを残す