町会議に運営として参加してみた

某都市で開催されたニコニコ町会議にボランティアとして参加してきた。ウェーイって感じで物事が上手く進んでウェーイなわけだが、真面目に記事を書いてみる。

※なおボランティア同士の打ち上げで多少酒が入っているので、テンションが所々おかしい、誤字脱字がある、文章になっていないかもしれない。後日加筆予定。

 

そもそも自分は町会議に参加すること自体が初めてで、それでいて且つ運営をお手伝いするという役回りになったため、町会議がどんなものか分からずに参加した節があった。

それでもなかなか面白かった。老害ばかりのこの都市にこれだけの活気溢るる若者がいて(実際は他の県から来ている方も多くいらっしゃった)、運営は勿論参加者たちも「自分たちで盛り上げよう」って気概に満ちている(自分自身もまた老害感)。まだまだこの都市も捨てたもんじゃない、と思った。

 

なにより、一動画投稿サイトがここまで人々を動かすものなんだと感動した。会場の一体感がパない。自分もそんなサービスを作る側になりたい。ドワンゴに就職したい。もしくはそれに負けないような会社に入りたい。

 

そのためにもっと技術力を磨きたいと強く思う。来年はドワンゴのインターンに行く(行ければ)。

コメントを残す