Arch LinuxをUSBにインストールする

最近、自分の周りでArchLinuxユーザーが急増中していて、自分も驚いています。確かに自分は事あるごとに周りの人をArchLinuxArchLinuxと洗脳してきましたが、ここまで功を奏するとは。

そこで、今回はUSBメモリにArchLinuxをインストールする方法をご紹介します。そうすることで自分のArchLinuxを行く先々の端末でブート出来る他、既存のOSを破壊せずに済みます()。

尚、以下の作業は自己責任にて行ってください。デバイス名を間違えただけでもHDDの中身をフォーマットしかねないので。

環境構築

ライブUSBを作るための環境をセットアップします。

  • ライブUSBにするためのUSB(4GB以上)
  • ここから取ってきたディスクイメージを使った仮想環境

なお、VirtualBoxのくだりでは、仮想環境用のストレージを用意する必要はありません。何故なら本当に必要ありませんし、間違ったインストール先を選択するというミスを減らすことが出来るからです。

以上が準備出来たら、USBを仮想環境側でも認識させて立ち上げます。以降からは仮想環境上での作業です。

インストール前の準備

lsblkでUSBがどこにマウントされているかを確認し、その後パーティションを最適化します。…と、その前にpacmanでpartedとdosfstoolsをインストールします。

parted /dev/sdx

(parted) mklabel msdos

#既にパーティションがある場合

(parted) rm パーティション番号

(parted) mkpart primary ext4 1MiB 100%

(parted) set 1 boot on

(parted) quit

mkfs.ext4 -O "^has_journal" /dev/sdxx

作成したパーティションを/mntにマウントします。

mount /dev/sdxx /mnt

/etc/pacman.d/mirrorlistをお好みのエディタで編集して、.jpが付いているURLを上の方に持ってきます。

ベースシステムのインストール

終わったら早速ベースシステムをインストールしましょう。

pacstrap -i /mnt base base-devel

genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

次のように/mnt/etc/fstabを編集してrelatimeをnoatimeに変えておきます。

- UUID=[USBのSSIDが長々と]    /    ext4    rw,relatime    0 1

+ UUID=[USBのSSIDが長々と]    /    ext4    rw,noatime    0 1

chrootでインストールしたシステムに入る

arch-chroot /mnt /bin/bash

言語設定

- #en_US.UTF-8 UTF-8

+ en_US.UTF-8 UTF-8

...

- #ja_JP.UTF-8 UTF-8

+ ja_JP.UTF-8 UTF-8
locale-gen

echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf

export LANG=en_US.UTF-8
KEYMAP=jp106
FONT=lat9w-16

タイムゾーンの設定

ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ホスト名の設定

echo ホスト名 > /etc/hostname

ネットの設定

pacman -S iw wpa_supplicant dialog

rootのパスワード変更

passwd でrootのパスワードを変更しておくことを忘れずに。

ブートローダーのインストール

pacman -S grub os-prober

grub-install --target=i386-pc --recheck --debug --force /dev/sdX

grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

あとはexit してreboot します。

さらなるセットアップ

useradd -m -G wheel ユーザー名

passwd ユーザー名
- # Defaults env_keep += "HOME"

+ Defaults env_keep += "HOME"

...

- # %wheel ALL=(ALL) ALL

+ %wheel ALL=(ALL) ALL

su ユーザー名 で新しく作ったユーザーでログインします。今後は今作ったユーザー名で作業し、管理者権限が必要な時はsudoを使うようにします。

デスクトップ環境構築

まずはビデオドライバを入れます。これは各自環境によって異なるので、lspci | grep -e VGA -e 3D で確認して必要なものをインストールします。自分はNvidiaのグラボを通しているので、xf86-video-nouveauをインストールしました。

pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xf86-video-nouveau

pacman -S xmonad xmonad-contrib xterm

 

【2017年7月20日追記】

xorg-server-utilsがxorg-appsになった模様。

あと、Nvidia環境じゃなきゃxf86-video-nouveauではなくてxf86-video-vesaを入れよう。

 

#!/bin/sh
setxkbmap -layout jp
exec xmonad

早速startx したいところですが、ビデオドライバを新たにインストールしたので一旦reboot します。reboot したらstartx してxmonadに入ります。

xmonadにデフォルトで設定されている簡単なキーバインドは以下の通り。

Mod + Shift + Enter ターミナルを開く
Mod + Shift + C フォーカスしているウィンドウを閉じる
Mod + Shift + Q ログアウトする

壁紙を設定する

xmonad起動時に真っ黒な画面が表示されるだけだと味気ないので、壁紙を設定しましょう。

pacman -S feh

feh --bg-scale イメージファイル
sh ~/.fehbg &

...

exec xmonad

これで壁紙が設定されます。

AURをインストールできるようにする

pacmanでインストールできるパッケージには限度があります。それを補ってくれるyaourt(フランス語でヨーグルト)をインストールします。

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch
pacman --sync --refresh yaourt

日本語環境設定

pacman -S adobe-source-han-sans-jp-fonts

yaourt -S mozc ibus-mozc
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="ibus"
export XMODIFIERS=@im=ibus
ibus-daemon --xim -d &

...

exec xmonad

ibus-setup で設定画面を表示して、Generalタブでキーバインドを設定し、Show property panelをAlwaysにし、Input Methodタブでmozcを追加すればおk。

サウンド

USB接続しているスピーカーから音を出したいので色々と弄る。

pacman -S alsa-utils
defaults.pcm.card 3
defaults.pcm.device 0
defaults.pcm.card 3

alsamixer でボリュームを上げてあげれば聞こえるはず。

 

これを読んでいるあなたはきっと「もっとこうしたい、ああしたい」と思い始めていることでしょう。そう、ArchLinuxなら自分の好きなデスクトップ環境に出来るのです。自分好みのデスクトップ環境探しに終わりはありません。まだまだ先は長いですが、頑張っていきましょう!

と、まぁこんな感じで2日目の記事はここまで。昨日と今日でそれぞれ3,000字程度書いてるけど、この調子で書けるかな…

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください