こんにちは、世界。久しぶり、Laravel。

view:6

初めまして、Isaacと申します。

何度か他のドメインでWordPressでブログを作ったり消したりを繰り返してきましたが、やっとココで安定しそうです。

このブログを始めた経緯としては、自分の学習の為にVPSを契約したは良いもののVMである事を良い事に色々弄ってはリセットを繰り返していて、継続的なVPS利用をしていないという背景がありまして…じゃあ継続的にVPSを使用し続けるにはどうすれば良いか考えてみたところ、ブログを構築し毎日更新する事を心がければ良いのではないかと、そうなったわけです。

いずれはオリジナルのテーマファイルを作成して、ココをオリジナリティ溢れるブログにしたいですね(希望的観測)。

…といっても何書こうって感じなんですけどね。とりえあえず、今日やったLaravelの設置についてでも書きますか。

 

まずは当方の環境をば。

リモート サービス さくらVPS
OS CentOS
ローカル ノート MacBookPro Late2014
OS OS X || ArchLinux

 

NginxとPHPのセットアップ

Nginxは yum install nginx で普通に入れて良いですが、PHPをyumで入れようとすると5.3.3が入ります(2016年4月現在)。Laravel5.1はPHP5.5以上じゃないとダメのようなので、PHP5.6を入れます。

 

Laravelの設置

VPSにSSH接続して、まずはPHPのパッケージを管理してくれるComposerを入れます。

これで[プロジェクト名]というディレクトリが作られ、その中にLaravel関連のモノが入っているはずです。あとは初期設定をしておきます。

ついでにGit管理下に置いておきます。

簡単ですね。ローカルから git clone しておきましょう。このやり方は各自異なるので省略させて頂きます。

ここまで来たら、nginxとphp-fpmを起動して一旦ブラウザで確認してみましょう。シンプルにLaravel5と出たら成功です。

 

いかがでしょうか。Laravelはセットアップが多少面倒というか引っかかりやすいですが、それさえ越えればなかなか頼もしいフレームワークです。この記事をきっかけにLaravelを始めて頂けたら幸いです。

本日の投稿は以上。初の投稿にしては結構書いた気がする…

カテゴリーWeb

コメントを残す